ホーム > 団体活動紹介 > 活動を取材しました!あゆみグループ
活動を取材しました!あゆみグループ

2020年7月2日(木)5か月振りに「あゆみグループ」のみなさんが活動をされ,久しぶりの再会を喜び合いました。
この日は,七夕飾りの作成をされました。短冊には健康や平和への祈り,家族への感謝など,思い思いの願い事を書き,ボランティアさんが笹に飾っていきます。たくさんの色とりどりの短冊が笹を彩りました。
会って話すことは大切ですね。笑い声が響き渡っていました。
 

熱中症対策にも気を使い,水分を補給しながら,体操や発声練習,七夕飾りの作成をされていましたよ。
歌を歌う場面では,梅雨時期なので「あめふり」を歌いました。「今の若い人たちは蛇の目をきっと知らないわね。」蛇の目を使っていた頃の懐かしい思い出話で盛り上がりました。
「あゆみグループ」
脳卒中による後遺症のある人,その家族,ボランティアが共に支え合い,活動を続けています。
結成は昭和50年。心身の機能低下を予防し,残存機能を維持するよう努め,会員のQOL(生活の質)を高めることや親睦を目的としています。

活動内容はみなさんで意見を出し合い決めています。調理実習をしたり,野外研修として昨年は向島町フラワーセンターに行ったそうですよ。「あゆみグループ」では,一緒に活動するボランティアを募集しています!ご興味のある方はボランティアセンターにお問い合わせください。
この情報は、「三原市ボランティア・市民活動サポートセンター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ