ホーム > 団体活動紹介 > 活動を取材しました!瀬戸内フラダンスフェスティバル
活動を取材しました!           瀬戸内フラダンスフェスティバル

 令和3年7月25日(日)澄み渡る青空の下,三原駅前のキオラスクエア広場にて瀬戸内フラダンスフェスティバル主催のフラダンスイベントが開催されました。この日は三原市だけでなく,世羅町や広島市からも参加があり,28曲の披露がありました。どのチームも笑顔で踊られていましたよ。新型コロナウイルスの影響で暗い話題が多い中,華やかなフラダンスは見ている人も元気になりますね。

瀬戸内フラダンスフェスティバル

 平成30年7月豪雨災害により多大な被害を受けた人達に,フラダンスを通して元気と笑顔を取り戻してもらうことを目的に設立したボランティア団体です。各地でのイベントの開催や,被災地での復興支援イベントに参加しています。子どもから高齢の人まで全ての人に楽しんでいただけるように活動をしています。
代表の佐倉さんの挨拶では,メンバーが手話で内容を伝えていました。聞こえない人への配慮をされていましたよ。
音響や司会もメンバーが力を合わせて担当!
皆さん素敵な笑顔!
観客も自然と笑顔に
フィナーレでは参加者全員による披露。東日本大震災の復興を応援するために作成された「花は咲く」と,「フラガール虹を」の2曲。心のこもったフラに感動しました。
令和3年11月14日(日)
10時〜15時
キオラスクエア広場にて,西日本豪雨災害復興支援を目的としたフラダンスイベントを開催します。チャリティーバザーや募金もあります。ぜひ美しいフラダンスを見に行かれてはいかがでしょうか。
※新型コロナウイルス感染状況により変更になる場合があります。
この情報は、「三原市ボランティア・市民活動サポートセンター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ