ホーム > 団体活動紹介 >  会報「わが町三原」令和元年9月号
会報「わが町三原」令和元年9月号

.
  [ 深町太鼓踊り
      新倉の大須賀神社(牛神社) ]

 前日に大型台風10号が呉市に上陸し北上していった8月16日、真夏の強い陽射しの下、市内各地の牛馬の安全祈願や雨乞いの踊りが合同で新倉にある大須賀神社に奉納された。「沼田小学校ちんこんかん踊り」に始まり、市無形民俗文化財の「宗郷町太鼓踊り」「小坂チンコンカン踊り」「八ツ頭チコカン踊り」「深町太鼓踊り」に続いて県無形民俗文化財の「ちんこんかん(沼田町)」が、鉦や太鼓で勇壮に演じられた。各団体とも小中学生がメンバーに加わり、伝統を立派に受け継いでいた。


    2019.8.16 撮影  鈴木健次(宮浦)

.



< 表 紙 >

表題:ちんこんかん合同奉納

写真:深町太鼓踊り
    新倉の大須賀神社(牛神社)


< 目 次 >

日本遺産認定に思う
          宮沖 宮原 幸司

三原浅野氏の支配 (2)
.  三原市文化財協会会長
              橋本 敬一  

秋のバス研修旅行案内
    因島の史跡巡
       沼田東町 西村 雅幸

会よりの便り         事務局


< 行 事 予 定 >

1.勉強会…
  三原浅野氏を学ぶ(17)

 日時・開催場所:
 令和元年9月28日(土)
  10時〜12時   港町福岡文庫 

2.県史協 郷原大会
         …参加者募集!

 時 :令和元年11月09日(土)
 会場:呉市郷原まちづくりセンター

  午前:総会と講演会
    「黒瀬要害の歴史」他
    
  午後:臨地研修
     二級峡、岩山城跡他

 8月号の別紙案内を参照の上、至急参加申込願います

3.レキカン秋のバス研修旅行
  …参加者募集!

(1)日程 令和元年11月03日(祝)
              少雨決行

  集合  8:45 三原港湾ビル
  帰着 18:00頃 隆景広場



.
.


(2)見学史跡
  因島村上水軍および蒲刈小早川氏関連等の史跡めぐり
 (詳細は本文の案内参照願います)

(3)参加費
  4,500円…但し弁当、飲み物は各自持参とし、村上水軍城の見学希望者は、別途310円をご用意ください。

(4)申し込み要領
  10月25日(金)までに、氏名と希望するコース名を明記(会員外は住所、電話番号も付記)の上、事務局宛申し込み。

(5)服装
 平地の史跡巡りのできる服装
 と靴とし、雨具も適宜。

4.三原浅野氏入城400年記念行事
   「三原城跡を歩こう」 
   …参加者募集!

(1)日程 令和元年10月27日(日) 
  10時〜12時 

(2)行事内容
  別紙チラシに記載した三原城
  の遺構をめぐって特徴を知る

(3)参加対象
  小学校以上で三原城跡に興味
  のある人を広く募集します。

.

  < 歳 時 記 >

 日本遺産認定に思う

       宮沖 宮原 幸司

 地域にある有形、無形の文化財を市町村がストーリーにまとめて申請し、文化庁が認定する日本遺産は三原では、まだ認定されていない。

 三原市、安芸高田市、北広島町の三市町が2016年度、“三矢の教え”がいきづく毛利一族のふるさと〜の広島・三つ町の絆〜、2017年度は、神も仏もわが味方!戦国「三本の矢」物語〜ひろしま・安芸毛利三兄弟のふるさと〜テーマで共同申請したが、認定されなかった。

 2018年度は、毛利三兄弟のふるさと連携協議会が申請を見送っている。

.

 同協議会は、認定された「鞆の浦」の福山市や「桃太郎伝説」の岡山市など先進都市の事例を参考に事業計画を見直し、あらためて3市町それぞれの歴史文化資源を分析したうえで、今後の事業方針を抜本的に練り直す意向のようだ。

 現代社会の実情からも「三子教訓状」に由来する「三矢の訓」は共感をよび、今後の社会の在り方としても示唆に富むものと評価を得ていた。

 毛利一族は、毛利家、吉川家、小早川家の当主となった元就の子息の絆により戦国乱世を生き抜き、西日本最大の勢力を誇った。

 秀吉も毛利の磐石な体制を高く評価して、隆景公を重上してきたことはよく知られる。また、元就と三兄弟のふるさとには、その活躍ぶりを示す史跡や伝統行事が数々残っている。こうした歴史資源は3市町の誇りであり宝といえる。

 来年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、国内外から多くの観光客が見込まれる。この好機を逃さず、3市町の歴史的つながりを大切にし、歴史ブランドとして「三矢の訓」を活かした新たな歴史文化事業に取り組んでいくよう、毛利三兄弟のふるさと連携協議会の一層の奮起を期待したい。


< 活 動 報 告 >

7月26日
 月報発送作業
 (小川、金森、正田哲、瀬畑、
 高如∪沼次⊃緻遏⊃耕逝)

8月05日
 8月度理事会(秋の研修旅行、三原浅野氏入城400年記念行事他)


< 編 集 後 記 >

★来る10月12日(土)から27日(日)の2週間、ペアシティ三原西館で三原市と同教育委員会主催の「三原浅野氏入城400年展」が開催される。三原浅野氏の菩提寺妙正寺や糸碕神社等に伝わるゆかりの資料が展示されるとのこと

★時期的には、その最終日に当たる10月27日(日)に、令和に残る「三原城跡を歩こう」を企画した。普段何気なく眺めている街角に、当時の遺構やその一部が400年以上経てもしっかりと残っていることが確認できる。レキカン会員以外の知人も誘って、大勢参加していただけることを期待している。  (健)



この情報は、「みはら歴史と観光の会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ