三原地震防災リサーチネット
                               

中之町下地区防災訓練

日時:9月18日(日)9時〜11時30分
場所:中之町東集会所
主催:中之町下町内会
参加者:下町内会、清水住宅、三菱住宅
   計109人(内児童、保護者26人)
目的:参加者が防災ハザードマップを見て 地域の危険個所を知り、避難を考える。
また児童は防災かるたで防災学習に参加

講演:「平成23年東北地方太平洋沖地震 沿岸部被災地の報告」    小川和子

災害体験談:地域の災害体験者の話

図上訓練:「家庭・地域で防災力を高めよ   う!」 指導     小川和子
    アドバイザー 桑木光信 

防災かるた:児童部  

講演:岩手県山田町の厳しい被災状況、被災者を支援するボランテイア活動内容、被災者の復旧復興への動きなど計3回の被災地支援の体験を報告
「防災かるた」に参加する児童たち、かるたの絵と読み札で楽しみながら防災に関心と知識を持つ
体験談:S42年小学校2年生の時大雨が降る中、学校まで行ったが校門に校長先生が立っておられ休校と知らされ、大雨洪水に注意して家に帰った
体験談:裏山のがけ崩れで家が被害を受けた人の話、ハザードマップで位置を示しながら体験を説明
図上訓練:地域の危険個所と自宅との関係を確認しながら避難所と安全な避難路を話し合う
図上訓練:土石流、急傾斜地の危険な地域の皆さんは早期に安全な避難所への避難が大切だ。近くてより安全な避難所はどこか話し合う
H23年度防災訓練終了後、竹原会長はじめ役員の皆さんは反省会を持たれ、講評と次回への話合いが行われた

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと