みはら歴史と観光の会
                               

会報「わが町三原9月号」

三原市紹介ビデオ(徳寿会寄贈)…8月9日(火)除幕式後、JR三原駅構内の三原観光協会のパンフレット棚の隣りに設置されている。
 ビデオ内容
 3DCGによる三原城の復元 15分00秒
◆〇宛兇笋辰戯廚  3分40秒
 今に伝わる職人の技 
    三原だるま 10分14秒
ぁ仝翊竿幡宮 3分27秒

目次
 P1表 紙…表題:三原市紹介ビデオ除幕式 行事予告 写真:三原市紹介ビデオ
2目次 / 天満山の鉱山 中之町 寺迫 保夫
3〜5 浄瑠璃本「みはら物語(完結編)本町 福岡 幸司
6〜8 小早川隆景と朝鮮戦争 (完結編)東町 大本 静人
9〜11 三原英学史考(7)須波ハイツ  田邊 達雄
12 会よりの便り  事務局

行事報告  
7月27日 月報発送作業 (柏原、吉原、瀬畑、金森、田邊、桑田、山根他)
8月01日 8月度理事会(秋の研修旅行計画他)
8月19日 月報発送準備作業(柏原、村田、田邊、桑田他)
 
行事予定
1.レキカン秋の研修旅行
 
行 程
H23.11.02(水)隆景広場 7:00発→山陽自動車道経由 根来寺で昼食 →阪和自動車道経由→熊野速玉大社→新宮城跡(三原浅野初代 忠吉が築城)→勝浦温泉(泊)
H23.11.03(木)ホテル→那智の滝・那智大社 →三段壁→阪和・山陽自動車道経由→隆景広場 20:30着

会 費 30,000円(当日徴収。10月30日以降のキャンセルは半額徴収)
申し込み レキカン事務局宛はがき又はFAXにて、住所・氏名・電話番号を明記の上申し込み願います(定員45名到達次第締切り)。

2.市郷連現地研修会

日時 H23.11.05(土) 久井方面としますが、詳細要領は追って案内します。
天満山の鉱山 
     中之町 寺迫 保夫

故郷には思い出になる山がある。その山は天満山と言うそうだ。我が町で、今は廃鉱になっている銅山だった。昭和十年当初まで採掘されていた。私が小学生の頃、運び出された物はがキラキラと金色に輝いており、運搬される荷車から道端に、転げ落ちた鉱石であった。しかし、その鉱石は銅の含有量が低いので、採算が取れないと言う事で廃鉱になったと、後になって聞いた事がある。
 子供の頃で、悲しい事が一つある。その山の麓に流れる小川には小魚が住めないと言う事だった。 一番大きな理由は水量が少ないと言う事もあるが、水に毒素が有ると言う事だ。水が薄い緑色気味で、酸化銅が水に溶け込んでいると言う。メダカもヤマメも勿論だが、ゲンゴロウもヤゴも住めない。現在は廃鉱になって久しいので住めるようになっているだろう。
 今から十年前にもなるかな、中央公民館の自然観察講座で、先生と十数名の受講生がその廃鉱に登り、小石を金槌で割って調べたことがある。キラキラと輝く部分は極く僅かに痕跡が認められる程度だった様な記憶がある。ある先輩の話だが鉱脈は奥に続いてあると言う事だった。如何せん含有量が低いという事は無駄骨と言う事。
 三原市内には佛通寺の奥に石炭の鉱山、宗郷の山には蛍石が産出していたが、これも遠い話になりそうだ。
 歳時記には相応しくない書き物になったが、石見銀山の様な世界遺産になるような山はないものかとおもわれる。と言う事は、一躍三原も有名になるのだが…。
九月の行事
12日(月)
18:00〜20:00 中秋の名月観望会(久井宇根山天文台)
19日(月)敬老の日


編集後記★全国高校野球選手権(甲子園大会)で史上初となる3連続延長戦を制した我が三原市の如水館高校。三原市民は勿論、広島県人にも感動と勇気を与えてくれた。炎天下の大活躍に、「お疲れ様。ゆっくり休養してください」と労いたい★春選抜出場の総合技術高校に続いての県代表で、三原は今や高校野球で全国区になりつつある★一方、三原市の紹介ビデオがJR三原駅構内で見られるようになった。小早川隆景公の遺徳を偲ぶ「徳寿会」のご厚意により、4本の紹介ビデオから選択ボタンを押すだけで、誰でも無料で楽しめる。今月号の表紙に紹介したので、是非一度訪れて、自らの知識を再確認されることをお勧めしたい★三原市の活性化を願う市民の声は、日増しに大きくなり、様々な分野で活動がなされている。徐々にではあるが、その成果が実ってきていると感じる。(健)

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと