虹の会
                             

活動のようす(2011年5月)

 5月14日(土)に『ぼくだんごむし』(得田之久 ぶん たかはしきよし え 福音館書店)を読みました。

 子ども達は、「だんごむしは、エビやカニの仲間なんよ」「脱皮をするんよ」「幼稚園におるよ」と教えてくれました。子どもにとって、「だんごむし」は、身近な魅力的な生き物なのですね。

虹の会では、会員を募集中です!定例会や読み語りに参加してみませんか。

お問い合わせは、三原市立中央図書館 0848-62-3225もしくは、虹の会のメールアドレス(nijinokai1983@yahoo.co.jp)にお気軽にどうぞ。

虹の会の紹介
http://mihara.genki365.net/gnkm05/mypage/mypage_group_info.php?gid=G0000005

今月の絵本

5月28日(土)手話通訳付きの読み語り
『どうながのプレッツェル』
  マーグレット・レイ ぶん
  H.A.レイ え わたなべしげお やく
  福音館書店
『162ひきのカマキリたち』
  得田之久さく 福音館書店
『歯いしゃのチュー先生』
  ウィリアム・スタイグ ぶんとえ
  うつみまお やく 評論社
『さんまいのおふだ』新潟の昔話
  水沢謙一 再話 梶山俊夫 画
  福音館書店



定例会は、毎月第1金曜日の午前10時から、三原市立中央図書館で行っています。

新しい本・懐かしい本…。毎回いろんな絵本に出会う事ができるので、ワクワク・ドキドキの時間です。

第2土曜日の読み語りには、13人の子ども達と、4人の大人の方が来て下さいました。

『くいしんぼうのはなこさん』(いしいももこ ぶん なかたにちよこ え 福音館書店)を読みました。この絵本は1965年初版なので、半世紀近くも読み継がれています。
「おさそいカード」と次回の「お知らせ用紙」を配りました。

「今日は来てくれてありがとう。また来てね。」
ゆっくり、カードを開くと…。紫陽花が咲きました!

第3金曜日は「0歳からのよみかたり」でした。
1回目は12組の親子。2回目は11組の親子が来て下さいました。


「ここが一番良く見える」

「ね〜、ね〜」
「な〜に?」

小さな子ども達は、どんな会話をするのでしょうか?

今月のわらべうたから
 「たけんこがはえた」
たけんこがはえた〜
 たけんこがはえた〜
タオルの上に赤ちゃんを乗せて、歌いながら優しく揺すってみました。ゆ〜ら、ゆら。ゆりかごみたい。

絵本を見る子ども達の眼は、真剣です。

第4土曜日(5月28日)は、手話通訳付きの読み語りでした。
三原市社会福祉協議会手話サークル「うきしろ」のご協力をいただいています。

お話を聞いてくれる子ども達の眼を見ていると、「読み語りは楽しいなぁ。素敵な絵本を届けたい。」と思います。
5月28日(土)に読んだ絵本です。「もうすぐ虫歯予防デーですね。」と言うと、「私ね、歯を大事にしょうるよ」と話してくれた子がいます。
偉いな〜!

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと