みはら歴史と観光の会
                               

会報わが町みはら5月号

葉田竜王山山頂の集合写真
小学一年生から80歳代までの40人が、快晴のハイキングを堪能しました

目次

P1表 紙…表題:乙女桜・多島美・寺・神社行事予告写真: 葉田竜王山山頂の集合写真
2目次 /農村の風景に接して思うこと 東 町 大本 静人
6〜8 春のハイキング感想 平家落人伝説が誕生した時代 東 町大本 静人
9〜11 浄瑠璃本「みはら物語」(4)本町 福岡 幸司
12 会よりのたより

 5月の予定 各地 
3日(火)〜5日(木)ボタン・ふじ祭り   高坂自然休養村28日(土)〜29日(日)第20回 三原さつき祭り  宮浦公園ほか

 5月の予定 会
8日(日)レキカン総会と記念講演会  三原リージョンプラザ(最終頁に詳細) 
21日(土)三原市郷土文化研究団体連合会総会 中央公民館よりの便り

 行事報告
3月25日 月報発送作業 (柏原、瀬畑、金森、越当、桑田他)
3月28日 「宝の山 桜山展」閉幕(柏原、吉原、田上、瀬畑、金森、山根他)
4月04日 4月度理事会(春季ハイキング・総会他)
4月19日 月報発送準備作業(柏原、瀬畑、桑田他)




 行事案内
1.レキカン創立20周年記念総会と記念講演会(参加費用無料)
(1) 日時 H23.5.08(日)
13:00〜13:20 式典
13:30〜15:30 講演会
15:40〜16:30 総会
(2) 会場 三原リージョンプラザ 文化ホール
(3) 講師 実証歴史作家  森本繁先生
演題 「小早川隆景と村上水軍」 〜豊臣政権と小早川隆景 〜
※ 席に余裕があれば、当日入場可能ですが、事務局宛事前申込み
をお薦めします。(住所・氏名・電話番号)
(4) 懇親会 同日17:00〜 懇親会(於 本町会館) 別途申込み下さい。
(会費 1,500円…当日キャンセル者は全額負担)

編集後記★5月8日は、レキカン20周年記念式典・総会と記念講演会を予定している。記念すべき行事であり、はじめてリージョンプラザという広い会場で開催されることになった★来賓挨拶、功労者表彰等に加えて、実証歴史作家 森本繁先生による「小早川隆景と村上水軍」との演題で、記念講演を拝聴できるのはありがたい★先生には、50冊以上の著書があるが、とりわけ瀬戸内の村上水軍に関する記述では、第一人者として全国的に名高い。既に、市内はもとより、尾道・福山・竹原・広島からも聴講申込みがあり、当日の会場の熱気が今から予感できる。早目の聴講申込みが必要であろう★東日本大震災の影響で、暗いニュースが多いが、直接被害のなかった瀬戸内に住む我々は、その幸せに感謝しつつ、出来得る限り従来通りの前向きな活動を継続したい。(健)

 農林の風景に接して思うこと
東町  大本 静人
 5月の連休が終わると田植えを終えた水田が一斉に姿を現す。確か昭和50年代半ばまでのこの時期は、田植え準備の真最中だった。田植え時期が早まったのは、労働力編成や農作業の機械化等との関係であろうか。稲作の起源は諸説あり、民俗学者宮本常一は約2400年前中国大陸の揚子江南方の越人が伝えたといっている。越人は筏船に種籾を積み込み、農耕と漁撈に従事しながら朝鮮半島南部を経て北九州に到達した、当時海峡の両岸に同一習俗の越人がいて、古代中国人は彼らを倭人と呼んだともいっている。越人の体系的な稲作技術は約400年間で全国に定着し,わが国に「稲作社会」といわれる状況が展開した。
 米は日本の主食とされており、過去、米が政治経済上重要な農産物であったことは間違いない。律令国家が収取した租税の稲穀は3%という低税率だったが、公出挙の原資となり、その利益が地方財政を賄った。中世、年貢等はもとより臨時徴収の一国平均役や幕府御家人役も各国の水田面積によって賦課された。また、近世、諸国大名の経済規模は石高という指標で表され、近代においても大正期には米騒動が起こり、米の確保は政策上極めて重要であった。さらに、文化的にみても米に係わる祭礼行事は日本中に数え切れない程である。明治以降日本は工業国家への途を歩み、現代の日本からはかつての稲作社会の厚みが失われた感がある。しかし、稲作に起源を持つ日本人の勤勉さや生産性向上を図る改良志向などは、工業立国の随所に活かされているように思える。
 過去の米作技術の方向は質より量であった。その課題は長期に及ぶ技術改善の結果、昭和43年以後米余りとなって解消された。いまの米の課題といえば、美味しい米づくりであり、遺伝子操作や残留農薬の危険を排した安全な米づくりであろう。稲作を支える担い手は深刻な危機にあるが、現代にふさわしい米づくりを推進するうえで、新たな稲作社会の構築が望まれるのである。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと