三原市児童館
                           

児童館 1月13日(月・祝)『高校生と一緒に!“ふしぎなかがくじっけん 鼻

1月13日(月・祝)広島県立三原高等学校2年生のお姉さんを講師に迎え、小学生を対象に「高校生と一緒に!“ふしぎなかがくじっけん 鼻廚魍催しました。
好評だった夏休みのイベントに続いての開催で、今回は2回にわたり、みんなで様々な実験をします。

風船を使って聴診器を作りました。お姉さんの説明をしっかり聞いてスムーズに作業が進んでいます。
聴診器としていろいろな音を聞くだけでなく、糸電話としても使える優れもの!友達と実際に会話をして音が響く様子を体験しました。
お姉さんの手作りのカルタであそびました。小学生も高校生も必死です。
場所を調理室へ移動してアイスクリーム作りをしました。
塩と氷を使って、あっというまにシャーベットと濃厚バニラアイスクリームが完成しました。
おいしい!
お店で買ったみたい!!
なんでアイスクリームが出来るのか不思議!!!

科学は不思議なことがいっぱい。高校生と一緒に楽しく科学を学ぶことが出来ました。

次回「高校生と一緒に!“ふしぎなかがくじっけん◆鼻廚錬卸遑影(土)に開催します。
スライム作りや、静電気の実験、クイズショーなど楽しい企画がいっぱい。参加してみたい人は児童館までお問い合わせくださいね!

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと