三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                           

活動を取材しました!よみかたりサークルぽけっと

7月4日(木)三原市中央図書館で行われた「ぽけっといっぱいのおはなしかい」の様子をご紹介します。          この日は就学前の子どもとお母さん,三原特別支援学校の4年生が訪れ,絵本の読み語りを楽しみました。
 最初は歌からスタート!
8冊の絵本を読んでいきます。いつの間にか,絵本にどんどん近づいていく子ども達。色鮮やかな絵本には,赤ちゃんがじーっと見入っていましたよ。一冊読み終わるごとに,子ども達から「楽しかった!今度は何?」との声が上がりました。

立ち上げのきっかけは,まだ小学校での図書ボランティアが少ない時代に,様々な小学校で活動していたメンバーが集まり,2003年に「よみかたりサークルぽけっと」をスタートさせたそうです。「子ども達におもしろかったと言ってもらえると,やりがいを感じます。」「小さい子ども達に絵本を楽しんでもらうことはもちろん,お母さんたちにも忙しい子育ての中でホッとする時間になれたらうれしい」と語る皆さん。メンバー自らも楽しみながら活動されている様子に元気をいただきました。
みんなで歌いながら体を動かすよ〜!
みんなノリノリ!楽しそう♪
読み語りが終わると,カードに好きなシールをはります。シール選びもお楽しみの一つですね。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと