三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                           

活動を取材しました!どらわこ

 平成30年12月19日(水),ご夫婦デュオ「どらわこ」がサンキ・ウエルビィ小規模多機能センター三原のクリスマス会で活動された様子を紹介します!静かな演奏家「どらちゃん」と,素敵な歌と楽しいトーク担当「わこちゃん」のご夫婦です。お二人は3年前から大阪の施設や老人ホームで音楽活動を続け,昨年三原市に引っ越されました。会場では,オートハープの透明感のある音色が響き渡り,聴く方たちが青春時代に歌っていた歌謡曲をおもに演奏します。歌詞カードも多く用意されていますが「ラララ〜♪」でも構いません。みんなで鈴を振って歌って盛り上がります。約10曲を歌い元気になって,笑顔もいっぱい!40分間があっという間でした。

サンタスタイルの2人でしたが・・・
あらら?途中から「美空すずめさん」が和装で登場し,熱唱しましたよ!
アメリカ生まれのオートハープは36本もの弦がついており,オルゴールのような音のでる楽器です。音楽療法にも取り入れられています。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと