三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                           

活動を取材しました!宮浦の風ふわり風和里

宮浦の風ふわり風和里のお二人(野木さんご夫婦)をご紹介します。12月16日(日)失語症友の会「こだま」と失語症ボランティアグループ「ひびき」,県立広島大学コミュニケーション障害学科の学生さんとの交流会で活動をされました。この日はクリスマス会,クリスマスムードな会場で,クリスマスソングやお正月の歌を演奏し,会場のみなさんと歌いました。会場の年齢層や季節に合わせて選曲をされ,会場の雰囲気に合わせて曲を進めていきます。曲ごとに,曲ができた時代背景等の解説や,会場のみなさんに質問を投げかける等,音楽だけでなくお話しでも楽しませてくれました。

「自分も楽しもうという気持ちで活動をしています。」と旦那さま。「会場のみなさんが一緒に
歌ってくれる一体感がやりがいです。」と奥さま。
かっこいいウクレレとギター,優しいシンセサイザーの音。お二人の素敵なハーモニーに癒されました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと