三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                           

講座頑張っています!

三原市社会福祉協議会では,誰もが同じように情報を受け取ることができ,コミュニケーション支援が必要な人が暮らしやすい地域づくりを目的に,各種養成講座を開催しています。視覚に障がいのある人は文字を読み取ること,聴覚に障がいのある人は音声を聞き取ることが難しく,情報を得たり,コミュニケーションを取る際に支援が必要です。

●聴覚に障がいのある人への支援は「手話」「要約筆記」
●視覚に障がいのある人への支援は「朗読」「点訳」

写真は,
【手話奉仕員養成講座(夜間部)】

【手話奉仕員養成講座(昼間部)】
講師の手話をしっかり見ることが大切です。手話は聞こえない人の大切な「言語」です。
【要約筆記奉仕員養成講座】
講座で話す内容は,パソコン入力しスクリーンに映し出されます。
この日は,講座初日でした。
【点訳ボランティア養成講座】
難しいけれど,繰り返し練習していくうちに,早く点字を打てるようになりました。パソコン点訳も学びます。
【朗読ボランティア養成講座】
体操をして体をほぐしてから,正しい姿勢で声を出していきます。腹筋を使い,声を前に出すといい声が出ます。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと