虹の会
                           

活動のようす(2017年8月)

8月18日(金)は、「0歳からのよみかたり」でした。『パンダなりきりたいそう』(いりやまさとし 講談社)を読みました。
 
「おなかをしたに ねころんで てあしをあげて ぶーん ひこうきたいそう」

おしりをくねくね動かしたり、体をぐーんと伸ばしたり、絵本のパンダのまねをして楽しみました。

今月の絵本

8月18日(金)の「0歳からのよみかたり」で読んだ絵本

導入 詩「うさぎ」まど・みちお
『おおきくなあれ』
  あべ弘士 絵本館
『うしのもーさん』
  作・風木一人 絵・西村敏雄
  教育画劇
ここは手首手のひら
『だっこ』
  鈴木まもる・作 小峰書店
『おしり』
  写真・さとうあきら 
  文・さえぐさひろこ アリス館
『すっぽんぽん』
  中川ひろたか 文 藤本ともひこ 絵
  世界文化社
『パンダなりきりたいそう』
  いりやまさとし 講談社
『じどうしゃブブブン』
  冬野いちこ 岩崎書店
『おいしいおと』
  三宮麻由子 ぶん ふくしまあきえ え
  福音館書店


第2土曜日(8月12日)は、読み語りでした。
「お話のろうそく」に灯をつけて、お話会が始まります。

やっさ祭りの日でしたが、沢山の子ども達が来てくれました。夏にちなんだ絵本を読みました。
最初につけた「お話のろうそく」を消したら今日のお話会は終わりです。
第3金曜日(8月18日)は、「0歳からのよみかたり」でした。1回目も2回目も多くの親子が参加してくれました。
1回目:10:30〜11:00
2回目:11:15〜11:45

赤ちゃん達は、お母さんのお膝の上で、ゆったりと絵本の読み語りを楽しんでいました。
どんどん前に来て、読み手の近くで絵本を聞いてくれました。
第4土曜日(8月26日)の読み語りでは、『おめんです』(いしかわこうじ 偕成社)を読みました。ひょっとこのお面をかぶっているのは、誰かな?
『きんぎょがにげた』(五味太郎・作 福音館書店)を読むと、子ども達は、きんぎょを探して、「ここ!」と、教えてくれました。
読んだ絵本は、並べて紹介しています。図書館で借りられる本は、ぜひ家でも楽しんでほしいです。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと