椹梨自治振興会 地域活性化実行委員会
                             

子ども農業体験(稲刈り)交流会

観光文化交流部会では,都市部との体験交流の一環として,10月16日(日)と23日(日)の2日間にわたり,5月に田植えをした圃場で子ども稲刈り体験交流会を開催しました。
2日間合わせて幼稚園児51名職員6名計57名の参加がありました。スタッフ15名で対応しました。
子どもたちは5月に自分たちが植えた稲がたわわに実っているのを見て感嘆の声をあげていました。
スタッフによる稲刈りの注意事項の説明の後,圃場に入り,スタッフの手助けで稲刈りを行いました。全員稲刈りは初めての体験で最初は手間取っていましたが,慣れてくると上手に刈れるようになりました。
スタッフが昔ながらの方法で束ねた稲をハデにかけて干す体験もしました。
また,刈り残した稲をスタッフの木山さんがコンバインで刈り取る現代の作業方法も見学しました。コンバインがまたたくまに刈り取っていく様子をみな驚きの目でみていました。
昼食の後,全員でもちつきを行い,きなこもちにしておいしくいただきました。
もちつきの後ゲーム等をして楽しく過ごし,15時すぎに全員元気に帰宅の途につきました。
部会では来年度も子ども農業体験交流会を充実・拡大して地域活性化に貢献したいと考えております。

スタッフが稲刈の注意事項を説明しています。
スタッフの手助けで子どもたちが稲刈りをしています。
子どもたちの刈り取った稲をスタッフが昔ながらの方法で束ねています。
束ねた稲をハデにかけています。
スタッフの木山さんがコンバインで刈り取っています。
職員の手助けで全員5回もちつきをしました。
ついたもちをきなこもちにして全員おいしくいただきました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと