三原市児童館
                           

児童館 7月28日(木)・29日(金)『実験教室´◆舛發里立体的に見える不思議体験〜』

毎年大人気の夏休み企画♪
28日は1〜3年生・29日は4〜6年生を対象に実験教室を開催しました。

講師は今年も宇根山天文台より小林先生、山根先生に来て頂きました。

今年のテーマは「ものが立体的に見える不思議体験」ということで沢山の発見とワクワクを体験しました。

映画や絵本、テーマパークのアトラクションなど「3D」は大変身近になっていますね。
さぁ、3Dのしくみを体験しましょう。

手作りの装置で「視差」を体験中です。
人間の目は両目で見たときと片目で見たときは見え方に「視差」がでます。遠近感は片目では分かりにくいですが、両目で見たときは脳で「奥行・距離感」を判断をします。
3D眼鏡を制作しました。
さぁ、立体的に見えるかな。

夏休みの勉強のヒントがたくさん詰まっていましたね。

先生方は宇根山天文台にいらっしゃいます。
ぜひ、宇根山天文台にも行ってみてくださいね。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと