三原市児童館
                           

児童館1月24日『大学生とあそぼ!Vol.2〜福山市立大学生 季節の遊び&読み聞かせ〜』

数十年に一度という大寒波が到来し、もしかしたら今朝は雪が積もっているかな・・・と心配しました。風はとても冷たく、雪もちらちら、時々晴れ間ものぞく寒い一日でしたが、児童館の遊戯室は楽しい笑い声が響きましたよ。

福山市立大学保育コースの学生さん4名を迎え、小学生を対象に「大学生とあそぼ!」を開催しました。28名の小学生が参加してくれました。

一月ということで、まずはお正月遊び。
グループに分かれて「福笑い」を作っています。
みんなで顔のパーツを描いたり、角や顔の輪郭などを切ったり、個性的な鬼の顔になりそうですね。
目隠しをして福笑いを楽しんでいます。楽しい笑い声が響いていましたよ。
こちらは強そうな鬼の顔が出来た出来た!
続いては、読み聞かせの時間。
2月の節分にちなんで「泣いた赤鬼」の絵本を読んでくれました。
お姉さんたちは大学で、将来保育士さん等になるお勉強をされています。お勉強頑張って下さいね。また児童館にも遊びに来て下さいね。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと