かんきょう会議 浮城
                             

8/22 そばの種植え@放課後児童クラブ

【浮城コミュニティガーデン 

8/22(土) 7/18に中央公民館横の空地で、 生ごみを入れて作ったたい肥で
放課後児童クラブの子ども達10人とそばの種植えを行いました。

足跡1個に7粒ずつ、まっすぐに植えています。
この後、種をまたいで、足で土を掛けました。


「7/18にたくさん入れた野菜くず、どこにもないよ〜。アリが食べたんじゃない?だんごむしかなぁ?」
「それはね。あの時、菌ちゃんいれたよね。土1gに10億以上の菌ちゃんがいて食べたんだよ〜。10億ってわかる?1秒に1回1.2.3と数えると10歳の子どもが42歳になるまでかかる数なんだよ」
土を平らにします。
足跡で溝をつくります。
上手に溝が出来たかな?
8/13鶏糞をすき込んだスペースにも、種植えします。
チラシは風でそよいで鳥よけになるとあったのでやってみました。鳥より木陰になることの方が心配です。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと