三原市児童館
                           

児童館 8月5・7・8日『弁当の日応援ププロジェクト in 児童館VOL.2〜挑戦しよう自分のお弁当作り〜

見て見て!お弁当さん屋で売り切れになりそうな豪華弁当が、出来ました。みんなの満足な笑顔は自信いっぱいでした。子ども達だけでも、こんな素敵な弁当が出来るんだと児童館職員も、びっくり感心しました。

このことからも、子供達は出来ないのではなく、やらせてないだけ。失敗を恐れてはいけないとの、佐藤剛史先生の講演のお言葉のとおりだと思いました。

お野菜は地元のやおやさんの竹野のお店に小学生23人と、大学生5人と職員で、お買いものに行ったよ。
地元のお店で、買えないものはエブリィでいろいろお買いものしたよ。みんなで行くと楽しいね。
ソーセージももちろん、自分で。
美味しくなあれ!
こちらは、ソーセージを炒めて、ひと手間かけて、遠足バージョンのつまようじさしです。
海老フライがどうしても、作りたくて大学生のお姉さんにお手伝いしてもらい出来たよ。
ぼくのは、駅前のお肉屋さんの牛肉で豪華な牛丼弁当だよ!
お店のおばちゃんに、お買いものに行った時にみんなにコロッケやカツをプレゼントしてもらってまたまた笑顔!
彩り綺麗なおにぎり弁当!うれしいいな。
お姉さんと仲よくなれたのが、お弁当作りと同じくらい嬉しかった!
海老フライと、ハンバーグで豪華絢爛弁当だよ!

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと