特定非営利活動法人 青竜スポーツクラブ
                             

全国中学校体操競技選手権大会

日時:8月23日(月)〜25日(水)
会場:山口県スポーツ文化センター

昨年の熊本大会に続いて、今年も金廣真幸(宮浦中学校)が全国中学校体操競技選手権大会に出場することが出来ました。
2回目ということもあり、本人も少しは余裕があったのだろうと思いますが、練習などは指導者が口を挟む必要もないくらい自分でコントロールすることが出来ていました。
少しは大人になったのかなと思っています。
規定では、少し緊張したのか、普段の練習どおりの演技が出来ず、目標の点数が取れませんでした。
自由では、1種目目の鉄棒でミスがあり、床運動では着地が決まらずなかなか高得点に結びつきませんでした。鉄棒は練習の段階から不安な部分があり、そこをミスしてしまいました。
床運動は着地を決めなければならない箇所が多くある為、着地が決まらなければ高得点には結びつきません。着地の練習の重要性はわかっていても真剣に行っていなかったことが反省の材料となりました。
成績は個人総合21位という結果でした。

今回の体験を来年からの高校での体操に生かして欲しいと思っています。
まだ12月までに4回試合がありますので、新しい技にも挑戦してもらいたいものです。



前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと