虹の会
                           

活動のようす(2015年4月)

4月3日(金)は例会でした。春休み中のため、会員の子どもも参加してくれ、絵本の紹介を一緒に楽しみました。

ボランティアさん募集!
ただ今、虹の会では絵本を読んで下さるボランティアの方を募集しています。
「我が子にどんな絵本を与えたら良いのだろう?」という子育て真っ最中の方。「子育ては終わったけれど、子ども達のために何かしたい」という方も大歓迎です。ぜひ一緒に活動して下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい。お待ちしています。

お問い合わせ先
三原市立中央図書館 0848-62-3225
三原市社会福祉協議会 0848-67-9339
虹の会のメールアドレス(nijinokai1983@yahoo.co.jp


今月の絵本

4月11日(土)の読み語りで読んだ絵本
『だるまだ!』
  高畠那生 長崎出版
『はこちゃん』
  かんのゆうこ・文 江頭路子・絵
  講談社
『ペレのあたらしいふく』
  エルサ・ベスコフさく・え
  おのでらゆりこ やく
  福音館書店
とんとんとんとん ひげじいさん
いちと いちで(ディズニーバージョン)
『わたしとあそんで』
  マリー・ホール・エッツ ぶん/え
  よだ・じゅんいち やく
  福音館書店
『さくら』
  長谷川摂子 文 矢間芳子 絵・構成
  福音館書店



4月11日(土)は、読み語りでした。新学期が始まったので、春らしい本や、友達が出て来る本を読みました。
いちと いちで(ディズニーバージョン)の手遊びを、前に出てお手本を見せてくれました。
『さくら』(長谷川摂子 文 矢間芳子 絵・構成 福音館書店)は、桜の一年が丁寧に描かれています。花が終わっても、また春がめぐってくる喜びが感じられる絵本です。
「お話のろうそく」を消したら、今日のお話会は終わりです。3人のお友達が消してくれました。
お知らせ用紙と、お誘いカードを配りました。「今日は来てくれてありがとう、また来てね。」
第3金曜日(4月17日)は、「0歳からのよみかたり」でした。絵本を読んだり、わらべうたあそび・手遊びをしたりしています。
これから親になられる方や、読み語りに興味のある方の参加も大歓迎です。
お母さんのお膝で、とても良くお話を聞いてくれました。
今月のわらべうたあそび
かごかご じゅうろくもん

かごかご じゅうろくもん えどから きょうまで さんもんめ〜
あさいかわへ はめよか〜
ふかいかわへ はめよか〜
浅い川には、「ちゃぽちゃぽ」と、少しだけ座り、深い川には、「どぼ〜ん」と、床まで深く座ります。
“すべての子ども達に絵本の喜びを伝えたい”との思いから、第4土曜日は、「手話通訳付きの絵本の読み語り」を行っています。手話通訳者さんは、三原市社会福祉協議会ボランティア・市民活動サポートセンターのご協力により来て頂いています。
『ふしぎなたけのこ』(松野正子・さく 瀬川康男・え 福音館書店)は、たけのこの出る今の時期にぴったりの絵本です。50年近く前に出版されたロングセラーです。
手話と絵本を見比べながら、楽しんでくれました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと