かんきょう会議 浮城
                             

3/29 座学「そばの育て方」

3月29日(日)中央公民館にて開催。

≪第1部≫【座学】そばの育て方
 講師:大乗自然環境を守る会 
会長 河義光さん

≪講師プロフィール≫
大乗自然環境を守る会(竹原市)
平成26年度ひろしま環境賞受賞
第16回広島県景観会議地域活動の部優秀賞受賞

休耕地で蕎麦を育て、食するまでの体験を通じて、自然を大切にする機運を高める活動を行うとともに、「おおのり自然環境保護だより」を毎月発行し、地域の全戸に回覧して不法投棄防止・自然環境保護の啓発を行っている

なぜ「そば」だったのか?
・栽培が簡単!
  素人でもできる・・・
  肥料がいらない・・・
・栽培期間が短い!
そば+西瓜、そば+南京 二毛作
・花(景観)等そばそのもの魅力!
そば栽培のポイント

・そばは湿害に弱い・・排水対策
・播種量・・・5〜6kg/10a
・播種直後に激しい降雨が予想
 ・・・播種中止
まとめ
・除草/種蒔/収穫まで一連の作業を通じて、会員間のコミュニケーションが図られる
・栽培経費が少ない
・花(景観)、年越しそばを食べる楽しみがある
・そば粉、そば枕販売による収入がある
・そば打ち体験教室等を活用し、他団体との交流が可能

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと