特定非営利活動法人 青竜スポーツクラブ
                             

国体予選に出場しました。

日時:6月27日(日)
会場:広島県立総合体育館

国民体育大会広島県予選会が行われる6月の第4土曜日・日曜日は例年通りであれば、中国ブロックジュニアの予選会も兼ねて中学生が参加するのですが、今年はブロックジュニアの予選会が日程変更となり、中学生は3年生のみが国体予選に参加できることになりました。

三原市では中学校でのクラブ活動(体操部)がないため予選会を行わずにいきなり県大会レベルへの出場となります。
シーズン最初の競技会が中国大会・全国大会の予選会となる広島県中学校体操競技選手権大会となるため、不安な状態で競技会に臨むことになります。
そんな不安を少しでも軽滅しようと、中学3年生から参加できる国体予選会に金廣真幸が出場しました。
高校生の中でただ一人の中学生ということで、成績は二の次で試合経験をすることが目的でした。
結果は、個人総合で6位入賞となり、種目別でも鉄棒で優勝しました。
ただ、そのほかの種目が高校生とは比較にならないぐらい低いため、国体選手としては通用しないと思っています。

この競技会に出場したおかげで、7月17・18日に開催される中学県選手権と20日から鯖江市で開催される西日本ジュニア体操競技選手権大会に向けての練習計画が細かく修正することが出来ました。
試験も終わったので、あと2週間ですが悔いの残らないような練習をさせていと思っています。


前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと