三原市児童館
                           

児童館 11月16日『劇団杉の子〜とべ!ドードー』観劇会

劇団杉の子による人形劇「とべ!ドードー」の観劇会を開催しました。
元気な少年・ケンタが、ある日タイムスリップして、ハトの先祖と言われる絶滅した鳥・ドードーと出会い、一緒に旅をしながら自然を大切さを学びます。
劇団員さんの急病で当日予定だったそっくりのくりの木からの変更の演目になりました。

どんなお話が始まるか、みんな真剣な表情で待ってくれました。
最初に、劇団員さんが人形と登場して気分をほぐす為に簡単なクイズを出してくれました。本当にしゃべっているみたいだね。
かわいい人形たちの登場で、みんなの緊張した表情にも笑顔が見えました。
主人公のケンタだよ。今日の感動を忘れないでね。
家族みんなパパと一緒に見れて楽しかったね。実際の演技は迫力がありますね。
ドードー鳥の登場です。
可愛かったね。
現在・未来・過去の舞台が早変わり、プロの人の演技はすごいね。
大人も子供もみんな時間がたつのを忘れて夢中で観る事ができたね。
児童館の中を気持ち良さそうにすいすい飛ぶドードー。とんでみたいなと、みんなも思ったかな?

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと