虹の会
                           

活動のようす(2014年9月)

9月26日(金)三原市立中央図書館主催で、「赤ちゃんと楽しむ絵本講座」が行われ、虹の会が講師を務めました。

絵本を子どもと一緒に楽しみたいけれど、「どんな絵本があるの?どう読んだらいいの?」と思われている方を対象に、絵本の魅力・親子で絵本を読み合う楽しさ・読み継がれてきた絵本などを紹介しました。

当日は、14組の親子の参加があり、「たくさんの絵本を知ることができて良かった。これから絵本を、子どもと一緒に楽しみたい」などの感想をいただきました。


今月の絵本
9月13日(土)の読み語りで読んだ絵本

『しゅっぱつ しんこう』
  山本忠敬 さく 福音館書店
『おかん』
  ぶん 平田昌弘 え 平田景
  大日本図書
おすわりどっせ いすどっせ
『ぼくのおじいちゃんのかお』
  文 天野祐吉 写真 沼田早苗
  福音館書店
『月へミルクをとりにいったねこ』
  アルフレッド・スメードベルイ さく
  ひしきあきらこ やく たるいしまこ え
  福音館書店


9月5日(金)の例会では、「私の好きな赤ちゃん絵本」というテーマで絵本を紹介し合いました。
「私が幼い頃、好きだった『いいおかお』(松谷みよ子あかちゃんの本 瀬川康男 え 童心社 1967年)を紹介します…」
「ぼくは、『くだもの』(平山和子 さく 福音館書店)も好きだなぁ。お母さん、この本も紹介したら?」
第2土曜日(9月13日)の読み語りには、1歳5か月から3歳の4人の子ども達と、3人の大人の方が参加してくれました。
絵本に興味を持った子ども達が前に前に寄って来ます。絵をじっくり見たいのですね。
今月の「お誘いカード」です。
第2と第4土曜日に来てくれたお友達に配ります。
「また来てね」の思いを込めて、会員が手作りしています。

9月19日(金)の「0歳からのよみかたり」は、1回目、16組。2回目10組の親子の参加がありました。
『バスなのね』(ぶん 中川ひろたか え・100%ORANGE ブロンズ新社)を読みました。


とてもよく、お話を聞いてくれました。
今月のわらべうた遊び

おすわりやっせ いすどっせ
あんまりのると おちまっせ
どす〜ん

足を開いて、「どす〜ん」と、子どもを落とすと、ケラケラ大喜び。
「お父さんと、お母さんと一緒に来たよ!」
「赤ちゃんと楽しむ絵本講座」の主催である、三原市立中央図書館の職員さんから、挨拶がありました。
長く読み継がれてきた絵本や、我が子に読んだ絵本など、0歳から楽しめる絵本を紹介しました。
次に、少し大きくなった子どもさんに向けての絵本を紹介しました。虹の会では、おすすめ絵本リストを作成し、「0歳からのよみかたり」に来られた方に配っています。
3か月の小さな赤ちゃんを連れての参加もありました。
職員さんに、保育もしていただきました。
おすすめ絵本の展示を行いました。早速借りて下さった方がいました。
9月27日(土)は、手話通訳付きの読み語りでした。三原市社会福祉協議会ボランティア・市民活動サポートセンターに手話通訳さんの派遣をお願いし、ご協力をいただいています。今回は手話サークル「うきしろ」さんが来て下さいました。

暑い夏が過ぎ、涼しくなってきました。「秋」らしい絵本を選んでみました。
「お話のろうそく」を消したら、今日のお話会は終わりです。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと