本郷地区社会福祉協議会
                             

とんど作り・とんど焼き

本郷小学校のグラウンドに「とんど」が出来上がりました。
PTAの皆さん、民生委員の皆さん、そして本郷地区社協の皆さんの協力のもと、槇迫棟梁の指導で立派なとんどが立ち上がりました。

「とんど」の先端には、子ども達の習字がくくられています。
「高く揚がると字が綺麗になる」と昔から言われています。
地域によってはクレーンの力で立ち上げますが、本郷では経費削減のため?4方向からワイヤーで引っ張って立ち上げました。
「もっと ひっぱれやー」
「しっかり もっとけーよ」
見事に立ち上がりました。
めでたし!メデタシ!
多くの町民が集まってくださいました。
午年生まれの子ども達の手で「点火!」
「とんど」の火で焼いた餅を食べると1年間、風邪を引かないと言われています。
たくさんの方が来られ、無事「とんど焼き」が終了しました。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと