かんきょう会議 浮城
                             

エネルギー楽習会

イオン三原店のチアーズクラブ環境活動
の企画・コーディネートを、行いました。

テーマ「エネルギー」

10月5日 第3回(最終回)

「自然エネルギーを使ってみよう!」

お天気が良ければ、かんきょう会議浮城
ハーブ畑で、ソーラークッカーも使って、
行う予定でしたが、
雨の為、ピッコロさんの「深の里」を
お借りしました。

外部講師の方から、
火を使う時の注意点、
火のつけ方、
エコストーブが東日本大震災後
の被災生活の中で活躍したこと
などを学びました。

子ども達がお米をといだり、
肉・野菜などを切り、
右で豚汁、左で炊飯。




お米をいれた竹筒を
焚き火の中に入れて
一気に熱して、
おき火でじわじわと・・という
予定でしたが雨天の為、
下から炙るやり方で炊飯。




楽しい体験活動のあとには、
自分の家の電気料金の
領収書を見て、
自分達ががんばった
省エネ実践状況の発表を
行いました。






8月21日 第2回
「自然エネルギー見学ツアー」

三原市宮浦浄水場

「マイクロ水力発電設備」

浄水場で使用する電力量の
約4分の1に相当する
年間478MWh
(一般世帯の約85世帯分の
 消費電力量)を発電し,
年間322tの二酸化炭素の削減効果

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kigyo/1271327652278.html




三原市立三原高等学校

かんきょう会議浮城企画で、
市民と高校生が作った
「太陽光発電パネル」2枚を
利用した噴水と外灯

説明は、作成、設置をした
三原高校生徒さん。





東根製作所(向島)

「木質バイオマス燃料ガス
 生成装置」

木質ペレット及びチップを,
空気を利用して蒸し焼きにし,
ガスを発生させ,
ガスに含まれる,
タール・水分を除去した後,
バーナでボイラーの燃料として
使用できる。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/onlyonenoonezigyou/1265766839932.html




5月25日 第1回 中央公民館
「エネルギーってなんだろう?」 
自分で電気をつくる、
発電体験をしてみよう!

ハンドルを回して発電します。

左 LED

低学年も割と簡単に点きます。

右 蛍光灯
点きムラがある感じです。
電力消費量をモニターする
「ワットアワーメーター」で
測ると・・・

左  白熱電球 52.9w
中央 蛍光灯  29.8w
右  LED    7.5w
▲自分達にできる省エネ目標

自分の家の電気、ガス、灯油の
使用料を調べて
家の人と相談して、
これから行う、省エネ実践に
ついて考えます。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと