虹の会
                           

活動のようす(2013年9月)

 9月の毎週金曜日、「絵本読み語りボランティア講座」が開催され、虹の会が、講師を務めました。

 この講座は、ほんごう子ども図書館と三原市立中央図書館主催の「平成25年度三原市市民提案型協働事業」の一環として行われたものです。これから読み語りを始めたい方を対象にした基礎講座でしたが、皆さん熱心に受講され、私たち虹の会も大変勉強になりました。


● 虹の会30周年記念事業のお知らせ ●
「わらべうたであそぼう」(第3回目)
 日 時 : 10月18日(金)
      10:30〜11:00
      11:15〜11:45
「0歳からのよみかたり」の時間帯に行います

 講 師 : 脇本幸子さん
       「岡山わらべうたの会」代表

 参加費 : 無料

 場 所 : 三原市立中央図書館1階
      「えほんのへや」

詳しくは、「わらべうたであそぼう」参加者募集のページをご覧ください。↓
http://mihara.genki365.net/gnkm05/pub/sheet.php?id=27120

この事業は、「赤い羽根共同募金」の助成金により実施いたします。

今月の絵本
9月28日(土)手話通訳付きの読み語り
 『コッコさんのかかし』
   片山 健 福音館書店
 『かまきり じいっと じいっと』
   広野多珂子 さく 福音館書店
 『こぎつねキッコ』
   松野正子・文 梶山俊夫・絵 童心社
 『おやおや おやさい』
   石津ちひろ 文 山村浩二 絵
   福音館書店
 『こすずめのぼうけん』
   ルース・エインズワース 作
   石井桃子 訳 堀内誠一画
   福音館書店


9月14日(土)は、月・どんぐり・梨などが出て来る、秋らしい絵本を楽しみました。
『ぺんぎんたいそう』(齋藤慎 さく 福音館書店)を読みました。足を上げたりジャンプしたり、一緒に体を動かしながら聞いてくれました。
とっても楽しかったです。
今月の「おさそいカード」は、うさぎとたぬきがお月見をしているカードです。
9月20日(金)は、「絵本読み語りボランティア講座」の第3回目。受講者の皆さんにも「0歳からのよみかたり」を見学していただきました。
「くまさんのおでかけ」(東京こども図書館編 おはなしのろうそく1)の手袋人形を使った遊びをすると、5か月の女の子が、大きな声で笑い、会場全体が、あたたかい雰囲気に包まれました。
今月の遊び
ゆすりゃ ゆすりゃ
ゆすりゃ ゆすりゃ〜
優しくゆすったり、少し大きくゆすったり…。
9月28日(土)は、手話通訳付きの読み語りでした。三原市社会福祉協議会手話サークル「うきしろ」のご協力をいただいています。
どんどん前へ前へ…。
手話通訳さんの真似をして手を動かしながら、読み手の真ん前で聞いてくれました。

「お話のろうそくを消してくれる?」と言うと、全員が前に来てくれました。
みんなで、「ふ〜」


前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと