かんきょう会議 浮城
                             

生ごみリサイクル講座 〜保育所編〜

6月7日(金)高坂保育所で生ごみリサイクル講座をしました。

「食の話」「EMぼかしづくり」と

今回は、生ごみの中に、野菜だけでなく、
「魚の頭や尾ひれや背びれ」
(内臓は、今回はやめておきました)
「あさりの殻」を叩き潰し、ぼかしにあえたたものも一緒に畑に入れてみました。

3日目の切り返しは、先生にお任せして、10日たって、シートをはがすと、
土の中で、見つかったのは、玉ねぎの皮と、卵の殻、貝殻がそれぞれ少しと、骨がひとつだけ。

あれだけあった生ごみが、みごとになくなっていることに、みんなびっくり。

もう一度、みんなで土を切り返して、
草と新聞をかけて、シートをしました。

順調に行けば、あと2週間で、カキガラ石灰をいれると、何か植えることができます。

楽しみですね。

これからは、この密閉式専用容器に生ごみを入れぼかしをふりかけて保存しながらやってみるそうです。(蛇口から「液肥」を取りだし、500倍に薄めて花や野菜に使ったりそのまま排水溝に流すとにおいやぬめりがとれるすぐれものです) 

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと