三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                           

中学生・高校生ボランティア活動きっかけ講座 を開催しました

7月15日,今年は高校生4名の参加があり,体験をしながらの講座を開催しました。


感じ方は人それぞれ・・・
  人によって感じ方は違います。言葉の受け取り方,考え方など,人によって違います。


ボランティアとは・・・
  自発性(自らすすんで行動する)
    共感を基本に自分で選択して活動しましょう
  公共性(ともに支え合い,学びあう)
    必要としているいろいろな人の為に行いましょう
  無償性((経済的な)対価を求めない)
    出会いや発見,感動,喜びがあります


大切にしてほしいこと・・・
  ○相手を思いやる気持ちを忘れない
  ○時間など約束事を守る
  ○知り得たことを口外しない
  ○家族の理解を得る
  ○自分も楽しむ


これらを踏まえて,子どもと遊ぶ体験をしました。


体験の中では,初め緊張していた学生もだんだんと笑顔も出てきました。
「相手を思いやる気持ち」,これは遊んでいる子どもだけが相手ではありません。一緒にいる学生同士もその場所にいる他の人も意味します。4人はその中で,徐々に自分にできること,今何ができるかを見つけてくれました。
この講座を通して,自分の成長を感じてくれた人もいます。


この講座をきっかけに,様々な活動をしてみてください。
皆さんが,その度に成長することが楽しみです。


前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと