本郷地区社会福祉協議会
                             

さくらんぼ本郷(6月)の活動

本郷地区社会福祉協議会では、地域の独り暮らしの高齢者の皆さんに呼びかけて、月に1度集まっていただくサロン活動を行っています。
今回の「さくらんぼ本郷」には、人間福祉科の高校生が参加してくれました。
3年生の3・4時限が「課題研究」の授業、福祉に関心のある10名が来てくれました。
若い皆さんの指導のもと、「七夕飾り」を作りました。
ひがむわけではないのですが、平均年齢70歳のスタッフよりも若い高校生の方が良いのはわかりますが・・・・

 
   

「ここは こがーに きるん よねー」
「わかんちょるんじゃがー うまいこと きれんのよー」
「わたしゃー うまいこと きっとる じゃろー」
「ちぎれんよーに かざってーよ」
「しんぱいじゃー のー」
お昼ごはんは、孫のような高校生と、楽しい会話を楽しみながら頂きました。
昼からは、「本郷昔話し」の紙芝居を見ました。
最後はいつまでも健康であるように願い、体操をして終わりました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと