虹の会
                             

活動のようす(2013年1月)

 今月の例会は、「私の好きな絵本 片山健さんの巻」と題して、読書会を行いました。我が子が小さい頃良く読んだ本、孫のお気に入りの本、読み語りで何度も読んでいる本など、お気に入りの片山健さんの絵本を持ち寄り楽しみました。

 今年は、虹の会発足30周年を迎えます。新たなスタートをきるにあたり、一緒に活動してくださる仲間を募集しています。経験はないけれど、子ども達に絵本を読んでみたいと思われる方、大歓迎です。幼稚園・保育所・小学校・中学校等で、すでに読み語りをされている方、虹の会でも活動してみませんか?

お問い合わせは、
・三原市社会福祉協議会
 0848-67-9339
・虹の会のメールアドレス        nijinokai1983@yahoo.co.jp
 に、お気軽にどうぞ!

直接、活動の様子(三原市立中央図書館 0848-62-3225)を見に来られても大歓迎です。

今月の絵本

1月26日(土)手話通訳付き読み語り
『まんまる まんまる』
  田村ゆう子 さく 福音館書店
『でんきのでばん』
  小野寺悦子 ぶん 小林孝亘 え
  福音館書店
『ジョニーのかたやきパン』
  ルース・ソーヤー 文
  ロバート・マックロスキー 絵
  こみやゆう 訳 岩波書店
弁慶
『うがいライオン』
  ねじめ正一/作 長谷川義史/絵
  すずき出版
『つるにょうぼう』
  矢川澄子 再話 赤羽末吉 画
  福音館書店



1月11日(金)は例会でした。『しずかなまひる』(片山健 福音館書店)「しずかな しずかな まひるです みんな みんな ねむっています」色彩は穏やかで、物静かな柔らかい雰囲気が漂っています。

『もりのてがみ』(片山令子 さく 片山健 え 福音館書店)は、我が子が幼い頃、何度も何度も読まされた絵本です。友達を慈しむ女の子の優しさと、春になった喜びがあふれていて素敵です。

優しく柔らかなタッチがあるかと思えば、力強いタッチの絵本もあり、片山健さんの作品を堪能した読書会でした。
1月18日(金)は、「0歳からのよみかたり」でした。読書会で取り上げた片山健さんの『いいな いいな』(かたやまけん さく 福音館書店)を読みました。

『あんよは じょうず』(わたなべしげお ぶん ちょうしんた え 福音館書店)の絵本の言葉どおり、上手なあんよを見せてくれた男の子。思わず皆で拍手しました。
お母さんのお膝に座って絵本の読み語りを聞く子どもさんは、とっても穏やかな表情でした。
「あのね、あのね」
一生懸命ハイハイして前に来てくれました。
今月の手遊び
やきいもグーチーパー

やきいもやきいも、おなかがグー、ほかほかほかほか あちちのチー

じゃんけんのチョキは難しいね。
読み語りが終わるとカードにシールを貼ります。今日は来てくれてありがとう。また来月も来てね。
1月26日(土)は、手話通訳付きの読み語りでした。三原市社会福祉協議会手話サークル「うきしろ」のご協力をいただいています。

虹の会の第4土曜日の読み語りには手話通訳があることを多くの人に知ってもらいたいです。
手遊びをしました。
弁慶が、五条の橋を渡る時、うんとこどっこいしょ、うんとこどっこいしょ、と言って渡る


読み語りが終わって、小学4年生の子どもさんが「手話が良かった。点字は見たことあるけど、手話は初めて見た」と話してくれました。


前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと