本郷地区社会福祉協議会
                             

餅つき体験

子ども達に昔の行事やしきたりを伝えることは、我々大人の大切な仕事の一つだと思います。
今日は、幼稚園と保育所の子ども達に「餅つき体験」をしてもらいました。
一人が杵を支えてもらいながら3回ほど振り下ろしました。
「やったぞ!」と言う表情をして喜んでくれました。そして、ついた餅を小さな手で丸い餅にしたのです。
今日も子どもたちからエネルギーをもらい、元気になりました。


子ども達に「もち米」のご飯を食べてもらいました。
「うまい!」
「あったかい!」
周りから「よいしょ!ヨイショ!」の声援があり、元気に杵を振り下ろしていました。
自分たちがついた餅を、小さい手で丸く・まあるく!
「てにひっつくよ!」
「あつい!」

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと