本郷地区社会福祉協議会
                             

とんど

「本郷駅」のそばにある「三原市立本郷小学校」で、「とんど」の点火をしてきました。
前日(12日)に、PTAのみなさん、民生委員のみなさん、本郷地区社協のみなさん等、地域のみなさんが竹を切り、力を合わせて束ね、立派な「とんど」を完成させました。
10時半に点火しましたが、地域のみなさんが正月に飾ったシメ飾りを持ってこられ、1年間の平穏無事を祈願して焼かれました。

民生委員のみなさんが、餅つきをやられました。子どもたちが元気に挑戦していました。
出来上がった餅は、ゼンザイとして皆さんに振る舞われ、美味しくいただきました。
点火は巳年の人が行いました。
丁度6年生の子どもたちが、年男年女なのです。
「とんど」の火で焼いた餅を食べると「1年間風邪を引かない!」と言われています。
まだ熱い中を、おき火を手元に引き寄せています。
家から持ってきた餅を焼いています。
餅を焼くにも各家庭の方法があるようです。
焼き芋も焼いていました。
子ども達には良い思い出となったことでしょう。
協力していただいた皆さん、ありがとうございました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと