みはら歴史と観光の会
                               

会報「わが町三原」平成24年11月号

 
   善 教 寺 の お 宝 例


 左 〔親鸞聖人絵伝 全4幅 〕
      絹本著色
      縦 134.3cm
      横 78.0cm

 右下 〔伝親鸞聖人筆三幅名号 〕
      紙本墨書


           H24.9.04  拝観


第260輯(平成二十四年十一月
号)
表紙表題:善教寺のお宝拝観
写真:親鸞聖人絵伝全四幅と伝親鸞聖人筆三幅名号
目次
「七五三」におもうこと
        西野 渾川雅子
善教寺のお宝拝観 
        宮浦 鈴木健次
厳島神社と平清盛(5) 
        東町 大本静人
三原のあゆみ(3)
芸陽日々新聞創刊20周年記念誌
会よりの便り     事務局
<< 行 事 予 定 >>
1.レキカン 秋のバス研修旅行
 「赤穂城跡と室津の周辺巡り」(1)日程 H24.11.03(祭)
 隆景広場 7:30発〜赤穂城跡と
 室津の周辺巡り〜19時頃帰着
(2)参加費用6,000円/人
      昼食と飲み物付き
(3)定員45名に達し、締切
2.三原(旧)一周膝栗毛参加者募集
 詳細は同封の案内をご参照く
 ださい。  
 実施日;11/10(土)、11/11(日) 11/18(日)、11/23(祭)、11/25 (日)、12/01(土)、12/02(日)
3.県史協 呉地方大会
  H24.11.17日(土)〜18日(日)
  大会;H24.11.17日(土)
     呉市広市民センター
 参加費 500円
(ご参考 瀬戸内さざなみ線
       7:33 三原駅発)「平氏と三原」のタイトルでレキカンから研究発表の予定。
申し込みは締め切り済。
午後のオプション含め予定通り実施される。オプションのキャンセル不可。
  「七五三」におもうこと
        西野 渾川雅子
 11月になりますと、あちらこちらの神社で、晴れ着姿の親子連れをよく見かけます。そう、七五三のお宮参りです。近代以前は疫病や栄養失調による乳幼児死亡率が高く、七歳位まではまだ人としての生命が定まらない「あの世とこの世の境にいる存在」とされ、「いつでも神様の元へ帰りうる」魂と考えられていました。そのため、一定の成長が確認できるまでは宗門人別改帳にも記載されず、七歳になって初めて正式な氏子として地域コミュニティへ迎え入れられました。
 社会が豊かになり医療技術が発達した現代では、そういう不憫からは救われました。しかし、だから問題が無くなったわけではなく、今日ではまた別の種類の子育ての困難さを抱えています。
2011年の日本の合計特殊出生率は、1.39です。若い世代が子どもを産まなくなりました。今の日本社会における雇用の不安定さが20代、30代の若者を経済的弱者にしています。それ故子どもを育てるには夫婦二人で稼がねばならず、やはり子育てと仕事の両立は大変で、最近はイクメン(育児をする男性)も増えてはきましたが、まだまだ女性にかかる負担は大きいようです。
 七五三は、古くは室町時代の「髪置の儀」「袴着の儀」「帯解の儀」という祝いの宮廷儀式に由来し、江戸時代に一般に普及し、明治時代にほぼ現在の形になったといわれています。子どもの健やかな成長を願い、豊かで幸せな人生を歩んでほしいと願うのはいつの時代の親も同じです。次の時代を生きる子どもたちのために、せめてマイナスの遺産を遺さないようにすることが、我々の責務なのかもしれません。
  << 行 事 報 告 >>
9月27日 月報発送作業
(柏原,瀬畑,金森,越当,桑田他)
9月29日 歴史勉強会
「中世荘園の成立」 20名参加
10月01日 10月度理事会
      (研修旅行等)
10月12日三原(旧)一周膝栗毛
 幸崎方面(渡瀬石垣、浮弊社)
 草刈り
 (福岡,行長,田上,土肥,越当,
 砂原,野上,土森,鈴木)
 帰途、大畑団地近辺の「もう一
 つの桜山城跡」を見物
10月19日 月報発送準備作業
 (柏原、瀬畑、金森、桑田他)


<< 編 集 後 記 >>
★旧三原市の外周を一周する「三原(旧)一周膝栗毛」は、今年13
回目を迎える。普段人の通らない山道などもコースに含まれるので、事前に草刈り等の手入れが欠かせない★折角きれいに手入れしても、一年後には雑木や背の高い草のため通路だけでなく史跡が見えなくなる箇所もある★上述のコースに限らず、この種史跡の維持・管理作業には、道具と体力が必要である。今後も継続するためには、いつも同じメンバーだけでなく、新しいメンバーの参加を得て、年間計画で無理なく推進する必要がある★10月号で協力者募集した業務の一つであり、多くの人のご理解と参加をお待ちしております。(健)

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと