みはら歴史と観光の会
                               

会報「わが町三原」平成24年8月号

  
  戦時中中学校のグラウンドはイモ畑 
     
     〜 昭和19年(1944) 〜
   
 三原市歴史民俗資料館蔵


 昭和18年(1943)県立三原中学校(現三
 原高校)が設立され、翌年は上の写真
 のとおりそのグラウンドはイモ畑にな
 った。

表題:8月15日は終戦記念日
写真:戦時中中学校のグラウンド
    はイモ畑
目次: 
ちょっと一言  長谷 大林哲三
伊野木勲さんこれからも見守ってください    宮浦 鈴木健次
伊野木さんの死を悼む  
       西宮 古川嵯知子
しまなみ信金前会長大藤直也さんの死を悼む  西宮 古川嵯知子
厳島神社と平清盛 (2)
       東町 大本静人
山陽新幹線三原駅誘致秘話 (完結編)     須波西 西原達夫
会よりの便り    事務局

< 行  事  報  告 >
6月27日 月報発送作業
 (柏原,村田,瀬畑,金森,桑木,越当, 渾川他)
7月2日 7月度理事会 (研修旅行等)
7月19日 月報発送準備作業
 (柏原,村田,瀬畑,金森,桑田他)

    < 歳 時 記 >
    ちょっと 一言
       長谷 大林 哲三
 この度は東日本の地震と津波、それに原発が加わり放射能汚染などが発生し、東日本は大惨事になりました。被災地の早期の復興をお祈り申し上げます。
さて、災害には大別すると自然災害と人的災害があるように思います。私は今73歳(昭和13年生まれ)で、昭和20年頃迄大阪の都島に住んでいました。当時は、太平洋戦争真っ最中でした。夜になると、B29(アメリカ・ボーイング社製4発の大型爆撃機)が焼夷弾を投下する為飛んできます。B29がやって来るのはJOBK(NHK―大阪放送局)がラジオ放送(今で言う野球の実況放送のように)をしてくれていました。例えば「只今B29が明石の上空を…何機編隊で大阪方面に向かっています」の放送がされますと、町の警防団のおじさんが家の明かりを消して、道端に作られた防空壕に入るようメガホンを口にあて、町の界隈を触れて回られます。暫くすると、どど、どど、と地響きの様な音がして来ます。もう近くで焼夷弾を落とされた爆発音でしょう、急いで家から出て防空壕に入ったものでした。そのような日々がつづきますので都会から田舎へ疎開することが行われました。私もその一人で、母親が豊田郡長谷出身だったもので、そのまま居付いて今日に至っている次第です。
戦争は誰が考えても人災です。二度と日本が戦争を起こしたり、またその巻き添えをくうことがない様にしたいですね。戦後66年、終戦記念日を近くにして、戦争のない平和な国をめざす、その一端を書かせて頂きました。 H23年8月記
    [青木観音]

< 行 事 予 定 >
1. 歴史勉強会 第二回
「平安末期の沼田氏とその時代」
(1) 講師 大本静人氏(東町)
(2) 日時 8月25日(土)
     10:00〜 12:00
(3) 会場 サン・シープラザ2F
     まちづくりの部屋
(4) 参加費  無料
  申し込み 事務局まで

2.レキカン写真展好評開催中!!
「平氏にまつわる三原の再発見」
(1)期間  8月6日(月)まで
(2)会場  サン・シープラザ
      4F展示場
(3)展示品 平家落人伝説の葉田 (畑)地域や後山の遺跡をはじめ、先祖が平氏である小早川氏の遺跡等の写真

3.レキカン秋のバス研修旅行予告  「赤穂城跡と周辺巡り」
(1) 日程 H24.11月3日(祭)
(2) 詳細スケジュールや参加費等は、検討中
 
  < 編 集 後 記 >
★NHK大河ドラマの影響は大きい★平清盛では、厳島神社と音戸の
瀬戸辺りに大きなスポットが当たっているが、三原にも平氏にまつわる史跡が多い。小早川氏の初代土肥実平が平氏だったことから、大谷相談役が丹念に掘り起こしたところ、何と46点もあった★現在、サン・シープラザ4Fでその写真を好評展示中である。未だご覧になっていない人は、8月6日には撤去するので、早目に入場して確認して欲しい。そして、三原市民や他の都市の人にも、三原のよさを知ってもらう好材料の一つとして活用願いたい。(健)

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと