虹の会
                           

活動のようす(2012年5月)

 今月の例会は、三原市立中央図書館から、館長さん・職員さんに出席頂き、より良い図書館になるよう、要望や気づきなどを話し合いました。

 私たちの要望に対して、真摯に答えていただき、今後検討し、より良い方向に行くように取り組みたい旨の返答を頂きました。虹の会も、出来ることをお手伝いしながら、三原市の図書館は市民と協働で頑張っていると言われるよう、子ども達のために、取り組んでいきたいと思います。


 虹の会では、絵本を読んで下さるボランティアの方を募集しています。経験はないけれど、子ども達に絵本を読んでみたいと思われる方、大歓迎です。幼稚園・保育所・小学校・中学校等で、すでに読み語りをされている方、虹の会でも活動してみませんか?

お問い合わせは、
・三原市社会福祉協議会
 0848-67-9339
・虹の会のメールアドレス        nijinokai1983@yahoo.co.jp
 に、お気軽にどうぞ!

直接、活動の様子(三原市立中央図書館 0848-62-3225)を見に来られても大歓迎です。

今月の絵本

5月26日(土)手話通訳付き読み語り
『あさがお』
  浅山英一 ぶん 宮崎健夫 え
  福音館書店
『ぼうし ぼうし ぼうし』
  神沢利子・作 岩村和朗・絵
  佼成出版社
『おじさんのかさ』
  佐野洋子 作・絵
  講談社
『ふってきました』
  もとしたいずみ・文 石井聖岳・絵 
  講談社
『アンガスとねこ』
  マージョリー・フラック さく・え
  瀬田貞二 やく
  福音館書店


『へび のみこんだ なに のみこんだ?』(さく tupera tupera えほんの杜)の紹介がありました。飲み込んだものによって、形が変わっていく黒いヘビに、ハラハラドキドキ…。
第2土曜日の読み語りには、2歳から7歳の子ども達が来てくれました。
今月の「お誘いカード」は、ピンクの犬さん。子ども達に渡すと、「かわいい」と、言ってくれました。
第3金曜日の「0歳からのよみかたり」には、1回目8組、2回目10組の親子が来て下さいました。
『もじゃらんこ』(きしだえりこ ぶん ふるやかずほ え 福音館書店)を読むと、「もじゃらんこ もじゃらんこ」の言葉のリズムに合わせ、楽しそうに体を動かしながら聞いてくれました。
今月のわらべ歌遊び
いりこ

いりこ〜、いりこは、いらんかね〜

お母さんに抱かれて、体を揺すりながら遊びました。

あんたがたどこさ(わらべ歌)の歌詞の「さ」に合わせて、お隣さんの肩をたたいて楽しみました。

第4土曜日(5月26日)は、手話通訳付きの読み語りでした。三原市社会福祉協議会手話サークル「うきしろ」のご協力をいただいています。
手話に興味をもってくれた子が、手話通訳さんの真似をしながら聞いてくれました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと