みはら歴史と観光の会
                               

会報「わが町三原」平成24年5月号

 〔 切り拓かれた 鶴山城跡にて 〕

 地元の延べ約60人の有志により、
切り拓かれた 鶴山城跡。
 背後に稲村山城跡や高山城跡、新高山城跡を望み、前面の沼田川対岸にある新市や亀山を見降ろす。

   「一ノ壇」にて集合写真

第254輯(平成二十四年五月号)
表紙表題:
全員が踏破した三つの中世山城跡
写真:切り拓かれた鶴山城跡にて

  《 目  次 》
道の駅「みはら神明の里」
       円一町 正兼鐵夫
春のハイキングに参加して
        長谷 川上哲司
「中世山城跡の探訪」に参加して
        東町 行武郁子
山陽新幹線三原駅誘致秘話 (3)
       須波西 西原達夫
古浜の今昔(6)中之町 山根光博
会よりの便り      事務局


《 行 事 報 告 》
3月24日 第三回山城郭勉強会
   桜山城跡の復習と山名氏
3月27日 月報発送作業
  (柏原,村田,吉原,瀬畑,
         金森,越当他)
4月02日 4月度理事会
  (春と秋の研修旅行,総会他)
4月19日 月報発送準備作業
  (柏原、村田、金森、桑田他)

   《 歳 時 記 》
道の駅「みはら神明の里」
     円一町  正兼 鐵夫
 着工から24年経って三原バイパスは今年3月31日に開通しましたが、その1週間前の3月24日にみはら神明の里が営業を開始しました。以来、盛況で人気も高まっているようですが、私も4月始めに行って見聞しましたので簡単に記します。
 
 道の駅は糸崎4丁目21番1号に位置し、バイパスの時広ランプ是国ランプ間にあります。初代駅長は今井惠一氏で「三原ならではの魅力と情報発信の拠点」となるべく「どこにもない三原モデル」を創りたいと述べられています。
 駅舎に入ってみました。ロビーの正面の「希望の白だるま」は日本一の幸せを運ぶだるまとあります。重さは1トン、白色セメントで作られたものです。白だるま右側の情報コーナーには大きなマルチディスプレーがあり、四分の一面で三原TV制作の「みはらを見る」で小早川隆景・三原城跡、桜の名所や三原の酒などを紹介しています。他の面で国道2号線木原海岸上下線の車の流れをリアルタイムで流していました。
 ロビーから西側の特産品販売コーナーではみやげ物、野菜・惣菜もの、魚介類と三原のブランド品はほとんど揃っているようです。中でも「たこ」製品は細工物、干物、フライ、鮮魚など賑わっています。備後国三原城絵図「慶応年度之影森秀之進調之」昭和41年複製版も販売しています。2階は会議室や多目的ホールがあり、市民サロンではゆっくりとくつろげます。そこから展望デッキに出ると「幸せの鐘」があり、今は周囲の環境に配慮して鳴らないようにしてありますが必要に応じて鳴らすこともできるそうです(駅長談)
 展望デッキからは駅のうりものの「鷂容發梁薪臠」が東西に広がって見えます。東は細島から宿祢島、中央に佐木島、小佐木島、西には筆影山が高く聳えて立って見えます。
 他にもレストラン、電気自動車充電設備、トイレ棟など立派な設備がありますが紙面の都合で内容の紹介が出来ませんでした。
《 申 し 込 み 》
下記行事において,参加希望者は「山城郭勉強会」「講演会」「懇親会」の別を明記の上,レキカン事務局宛,葉書またはファックスにて,氏名,住所,電話番号を記入の上,申し込み願います(締め切り厳守)

1. 第4回 山城郭勉強会
(1)日 程 H24年5月19日(土)
  雨天順延
  10:30新高山駐車場集合 
  (JR三原駅9:53発)
  15時頃新高山駐車場着
(2)持参品 昼食弁当,飲み物,杖,
            運賃等
(3)参加費 300円(運賃含まず)
(4)申込み締切り 5月15日(火)

2. 定期総会と記念講演会
(1)日程:H24年6月09日(土)
  会場:三原市民福祉会館5F
 (a)13:00〜15:00
    記念講演会(無料)
   「山名騒動」
    〜600年前の大目木〜
   講師:レキカン福岡幸司相談役
 (b)15:30〜16:15
   H24 レキカン総会
 (C)16:30〜
   懇親会(会費1,500円)
     (当日キャンセルは、全額)
 (2)申し込み締め切6月06日(水)

  《 編 集 後 記 》 
★中世山城跡探訪は晴天に恵まれ,三つの城跡を参加者全員元気に踏破できた★今回は事前に地元やレキカン会員の有志が登山道や城跡の手入れをしてくれていた。この状態を如何に維持するかは山城共通の課題である★道の駅「みはら神明の里」がオープン以来好評である。更なる工夫で全国から客足を呼んで三原の新名所として発展して欲しいものである。(健)

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと