オーシャンズドリームミニバスケットボールクラブ
                               

どうなる?広島地区決勝大会一日目!

10月29日ついに広島地区決勝大会一日目が開催!
場所は、廿日市にある佐伯総合運動公園体育館。三原からだと広島県最果ての地となり一時間半ほどかかります(今までで一番遠い〜泣)。

一日目の対戦相手は千田ミニさんと三篠ミニさんの2試合。2勝すれば二日目の準決勝へ進め、且つ県大会出場が決定!1勝1敗ならば二日目の5、6位決定戦へ進出。ここには4チーム進出するため最初に負けるとそこで終わり。2敗したら終わりというもの。

夏の全関西への戦いでは広島地区の県大会出場枠は9…でしたね。
ところが、今回の全国・中国大会への戦いでは6。つまり3枠減で、6位までという狭き門なのです(泣)。

この画像は、元々今年度卒団する保護者が置き土産として準備してた新団旗です。
今回、勝ち進んだため前倒しで急遽、制作しました(中国大会へ出場した場合でも使えるように遠慮ぎみにhiroshimaの文字も入れました)。

我がオーシャンズドリームのモットーは【銀燐躍動(ぎんりんやくどう)】。
意味は、海中(オーシャン)を泳ぎ動き回る魚の群れの鱗に太陽の光が当たりギラギラしている様を言い表しています。
これをコート内を所狭しと動き(モーション)躍動する様と重ね、そうあって欲しいと願いを込め考えたものです。


1試合目。王者「千田ミニ」
ただ、ウチは#5が関節炎で2週間練習休み。しかし、痛み引かず。#7が十字靱帯の炎症でテーピング。こちらも痛み引かず。動きにキレがない…でも、ここまできたらやるっきゃない!どこまでできるか?
さすが王者。崩れません…正確なシュートとオフェンスリバウンドを支配されました。
果敢に戦うものの2Q終了時は20-12の8点差。
気持ちを切り替えて後半戦へ〜。
フリースローを得ました。1本外してしまいました。
しかし、オーシャンズのディフェンスが機能し追い上げ!その後、5点差〜7点差の攻防が続いたのです。
必死の応援のベンチ。
崩して得点!というのが4本もありましたがわずかに落ちます。たられば〜ですが、決まっていれば…でも、ここんところがその差なのかな〜。
ん〜徐々に引き離されます。
結果は41-24で敗れました(泣)。でも、広島県1位のレベルを知ることができました。
実はオーシャンドリームが県1位のチームと試合したのは練習試合を含め初の出来事でした!
もう負けられない2戦目は三篠ミニさん。5年生主体とのことですが春の広島地区8位で県体にも出場していました。
とても粘り強いチームで侮れません。
ドライブイン!行けるかな?
果敢にアタック!
2Qまでの前半戦は20-15。
主力が出る3Qからはリズムよく守り、スピードを生かして攻めることができました。
リバウンド?シュート?
まさに【銀燐躍動】です!
4年生も得点!
結果は59-27でオーシャンズの勝利!
さあ、これで1週間後の広島地区決勝大会二日目に進出!

他のブロックは翌日に開催のためこの時点では、相手はわかりませんでした。
その後、相手は春の地区決勝大会で敗れた古田ミニさんと判明。リベンジ!と意気上がる選手達なのでした。
5位を目指して頑張るど〜!
ムッ!?みんな小さくガッツポーズ〜エライなぁ。まだ先があるゆうことをわかっとるね!

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと