三原地震防災リサーチネット
                               

防災講演

大和町萩原自治振興会では地域の自主防災力の向上の為防災講演を企画された。
日時:2月7日(日)10時〜11時30分
場所:大和町萩原多目的集会所
講演:大地震が迫る!
   備えは出来ていますか?
講師:三原地震防災リサーチネット
   代表 桑木光信
内容:1近年の大地震!
   2.阪神淡路大地震から15年!
   3.自然災害、予知と予防!
   4.大和町で気になる自然災害!
   5.大和町の地震と被害想定!
   6.先人が伝える大和町の災害史!
   7.自助、共助、公助!
   8.大地震への備えのポイント!

講演会の様子
萩原地区の住民の皆さん48人が参加され熱心に受講された。
阪神淡路大地震以来、スマトラ沖大地震、中国四川省大地震、そして今年1月のハイチ大地震などの被災の状況を振り返り教訓とすべき事を話した。
自然災害は地震、台風、大雨豪雨、高潮、土砂災害などあるが地震はたと比べて予測できても予知出来ないので予防する事が重要であると説明した。
萩原地区の皆さん
大和町で気になる自然災害と予想される地震の被害想定、更に先人が伝える大和町の災害史などお話した。
講演後は会場の皆さんからの質問もあり大和町萩原地区を災害からしっかりと守る意気込みが十分伺えた。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと