虹の会
                           

活動のようす(2011年10月)

 10月22日(土)23日(日)に「2011生涯学習フェスティバル」が、開催されました。虹の会は、中央図書館の「おはなし広場」で、午前と午後それぞれ1時間ずつの読み語りを行いました。

 また、サン・シープラザにて同時開催された「市民保健・福祉まつり」では、会の紹介パネルや、絵本・おさそいカードの展示を行い、会報・手話通訳付きの絵本の読み語りのチラシを自由にお持ち帰りいただきました。

今月の絵本

10月21日(金)0歳からのよみかたり
導入 詩「うさぎ」まど・みちお
『うさぎ うさぎ こんにちは』
  松本典子 さく 福音館書店
『とこてく』
  谷川俊太郎 文 奥山民枝 絵
  クレヨンハウス
♪とんとんとんとん ひげじいさん
『むくむく もごもご』
  松竹いね子 文 ましませつこ 絵
  福音館書店
『あっはっは』
  谷川俊太郎・さく 堀内誠一・え
  くもん出版
『いしゃがよい』
  さくらせかい さく 福音館書店
『パンツのはきかた』
  岸田今日子 さく 佐野洋子 え
  福音館書店
『おおきいね ちいさいね』藤永保/監修
  クック範子/指導 講談社
♪ぞうさん
『くだもの』平山和子 さく 福音館書店
『おなかがすいた』佐々木マキ
  福音館書店
♪ルールルーの魔法


10月1日(土)は「赤い羽根共同募金」の開始日です。虹の会も毎年募金活動に参加しています。

第1金曜日の例会では、会員同士で絵本の紹介をします。今月は、ピーターラビットの絵本の紹介がありました。
「小さい絵本だから、子ども達にうんと前に来てもらって読むといいね。」
第2土曜日の読み語りは、10カ月から10歳の子ども達12人と、5人の大人の方が来て下さいました。

『とぶひ』(井上洋介 学研)を読みました。いろんなものが飛んでいく、何とも不思議な絵本でした。
今月のお誘いカードは、「葉っぱ」です。数種類のデザインがあり、どれも素敵でした。
10月21日(金)は、「0歳からのよみかたり」でした。1回目と2回目を合わせると、おじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、赤ちゃん、合計46名の方が来て下さいました。

「広報みはら」を見て来たという方や、「三原市乳幼児健康診査」の時に紹介されて来た方など、初めての親子9組も一緒に楽しんで下さいました。
赤ちゃんの笑顔は素敵です。
つられて、お母さんも笑顔!
好奇心いっぱいの赤ちゃんは、ハイハイして、絵本に近付いて来ます。
子ども達は、とても良くお話を聞いてくれます。
今月の手遊び
とんとんとんとん ひげじいさん

お母さんの手に包まれて、とんとんとんとん…。
10月22日(土)は、「生涯学習フェスティバル協賛の読み語り」でした。午前と午後1時間ずつ行いました。
イベント協賛だったので、カーテンを閉めずに出入り自由にしました。
スタンプラリーの途中で立ち寄ってお話を聞いてくれました。

来てくれた子ども達の年齢を考えながら、絵本を選び、手遊びを入れていきました。
手を使いながら、「ブラウンさんとメアリーさん」のお話を語りました。子ども達も一緒に手を動かしていました。
会員の子ども(小学5年生)も絵本を読みました。
『たあんき ぽおんき たんころりん』(長谷川摂子・文 降矢なな・絵 福音館書店)を読みました。明るく楽しい気持ちになってくる絵本です。
10月29日(土)10:30〜
「宗郷子ども育成会」から依頼を受け、宗郷公民館にて絵本の読み語りを行いました。声をかけて頂くのは、今年で3回目です。虹の会は地域に出かけて読み語りも行っています。

宗郷に伝わる昔話「さるごんげん」のストーリーテリング(素語り)を行いました。その土地に伝わる民話を語り継いでいく役割をさせて頂き、嬉しく思います。

「宗郷子ども育成会」のお世話をされている保護者の方、地域のみなさん、お話を聞いてくれた子ども達、ありがとうございました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと