三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                             

活動を取材しました!なかよし一座

2020年11月15日(日)中之町上公民館にて,地域サロン「湧水会(わくみずかい)」が開催され,三原市久井町「なかよし一座」のみなさんが演芸を披露されました。新型コロナウイルスの影響で各地の行事が無くなり,何とこの日は約1年ぶりの活動!ブランクを感じさせない動きで会場を盛り上げました。会場のみなさんと共に笑い,一緒に楽しめる喜びに満ちあふれていました。男性3人による「南京玉すだれ」では,中之町にある賀(か)羅(ら)加波(かわ)神社や尾道のロープウェイ,八幡のコシヒカリ等,馴染み深いものも披露されました。途中の失敗も芸のうち?絶妙な掛け合いで笑いを誘っていましたよ。

ハーモニカ演奏♪
季節に合わせた曲や懐かしのメロディーに癒されました。
なかよし一座は,久井町・八幡町の元民生委員が集まり,男性3人と女性7人で活動しています。名前の通り,みなさんとってもなかよし!
代表の千坊さんは「みなさんに楽しんでもらえると,自分たちも元気になります。」とニッコリ笑顔(*^^*)
最後は「ひょっとこ踊り」で大盛り上がり!会場のみなさんも,曲に合わせ鳴子を振って盛り上げました。
会場のあちらこちらから感想が聞こえてきましたよ。「楽しかったねぇ。」「あれだけやろう思ったら練習が大変じゃのぅ。」「おもしろかったね。」
集い,一緒に笑うことは本当に大切なことだと改めて実感しました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと