三原市児童館
                           

児童館 2月1日(土)『高校生と一緒に!ふしぎな科学実験◆

広島県立三原高等学校のお兄さんお姉さんを講師に迎え、小学生を対象に「高校生と一緒に!不思議な科学実験◆廚魍催しました。
1月の実験,紡海い2回目の開催で、今回も高校生が考えた楽しい実験を通して、遊びながら科学を学びました。

「ダイレイタンシー現象」(体積の変化)を利用してスライムを作りました。片栗粉と水だけでスライムが出来たよ!
続いては静電気の実験です。
ふわふわクラゲを風船で自在に操ります。手品みたい!すごい!!
クイズショーでは、まるでテレビのクイズ番組に出演している気分になったよ。チームで協力して早押しクイズに挑戦したよ!

高校生による科学実験は夏休みも合わせて全3回開催しました。
「ぜひ、定番化してほしい」とのリクエストの声もあります。

楽しい時間はあっという間に過ぎました。今度は一緒に遊びたいな・・・
高校生の皆さん、小学生がまた児童館で会えるのを楽しみにしていますよ。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと