みはら歴史と観光の会
                               

会報「わが町三原」平成30年3月号

 〔 三原八幡宮宮司による祝詞、
            心こもった祭壇 〕

 三原城内の作事所跡周辺に開けた港町一丁目の御作事通りは、明治、大正、昭和の面影を残して三原市の中心街にある。その通りを南に「くの字」型小路を2回曲がったところに鎮座する金吉稲荷神社初午の祭礼があった。神社に残された木札には明治2(1869)年の造営を、又、古写真の大提灯には天保3(1832)年との文字が墨書されている。昭和58(1983)年に設立された地元の奉賛会によって、町内・家内安全、無病息災と繁栄を祈る祭礼が大切に継承されている。

   2018.2.18 撮影   鈴木健次(宮浦)

.

< 表 紙 >

表題:御作事通り金吉稲荷の祭礼

写真:三原八幡宮宮司による祝
      詞、心こもった祭壇


< 目 次 >

梨羽城跡と梨羽氏
      円一町 正兼 鐵夫

春のハイキング
「宗郷谷めぐり」ご案内
     沼田東町 西村 雅幸

三原の酒(完結編)
     茅ヶ崎市 定森 總治

上月氏ゆかりの墓地探訪
        西町 上田  茂 


会よりの便り     事務局


< 行 事 予 定 >

1.勉強会
 古文書に学ぶ隆景公(14)

(1)時:H30年3月24日(土)
         10時〜12時
 場所:港町福岡文庫

従来と会場が異なりますので、
ご注意願います。


2.春のハイキング参加者募集!!
 (コース詳細説明は
       本文参照願います)

(1)日程
  H30年4月01日(日)
     9時45分 〜 15時頃
    (雨天時 15日に順延)
 
(2) 方面
  宗郷谷を中心とする方面

(3) 集合場所
  宗郷宇佐八幡神社社務所前
 (駐車場のスペース確認のため
  自家用車の方は、事前に通知
  願います。)

(4) 参加費
  500円(当日徴収)

(5) 申し込み
  事務局宛、会員は氏名のみ、
  会員外の人は住所・電話番号
  も付記の上、葉書又はFAXにて
  3月27日(火)迄に申し込み願い
  ます。

(6) 服装
  坂道も歩ける履き物とします。
  杖と雨具は適宜。

(7) 昼食
  弁当・飲み物は各自持参願い
  ます。
.







3.レキカン総会の予告
  (参加募集は4月号にて)

(1)日程
  H30年5月06日(日)
        13時30分 〜

(2)会場
   市民福祉会館5F 大会議室

(3)記念講演講師
    橋本敬一先生




< 歳 時 記 >


 梨羽城と梨羽城主について
       円一町 正兼 鐵夫

 わたくしたち三原市中央公民館で郷土史を学ぶ会は、平成29年1月「梨羽城跡(畑木山城跡)登城」、同7月今井谷「梨羽氏墓所」参詣と二度にわたって本郷町上北方の梨羽の里を訪れました。

 その後、上北方のY氏によって梨羽氏の話・資料など解説を受け、梨羽氏について調査し「現地学習レポート」に纏めました。

 梨羽城跡は標高179メートル、比高150メートルの丘陵頂部の郭群・堀切と斜面部の畝状空堀群からなる。

 郭は1郭、2郭、3郭からなり、一番広い1郭は30メートル×25メートル規模で方形をしており、南西端に虎口が開く。
 南斜面に畦状堀切が15本。北斜面に堀切2本を構えて城の防御に備えている。
 2郭の北斜面に井戸郭があるとあるが、今は道は見えない。

 登城道は資料によれば大手道は城山の南・東端に所在する「常徳寺」側で、丸子山城跡を経由し、2郭の南に接続するとあるが、現在は丸子山城跡周辺に道はない。

 昨年春、「NPO法人森のおさるさん」が各登城口に標識を立て、登城道の名称と梨羽城跡までの距離を書き入れて設置してある。
 これによると大手道は上北方字中筋が登城口で、距離726メートル。

 搦手道は上北方コミセン付近が登城口で距離670メートル(道はほとんどコンクリート舗装してある)。

 もう1本上北方字門出谷に「北嶺ルート」があり距離543メートルと3カ所に登城道が示してある。

 六代城主については正確な資料がないため、著書によって城主名が異なることもあるが、初代は時春に一致している。


.








 墓所の墓碑銘は、豊田郡誌記載と一致し、〇春、♯Ψ福↓8疑痢↓し聞圈↓ス平、ν之であり、レキカン誌234輯「梨羽氏について2」も同じ。

 城主位牌については、初代時春の建立した「葱嶺山吉福寺(そうりょうざんきんぷくじ)」に、時春の位牌、開祖愚中周及の弟子諾渓(だっけ)和尚他の位牌がある。

 豊田郡誌に「慶長中梨羽氏長洲に移転の時、城主六代の位牌を田中家に委託し……」とあるが、この位牌は米山寺に保管してある。




< 活 動 報 告 >

1月26日
 月報発送作業
 (瀬畑、正田哲、村田、越当、
  桑田、森明、水野、西村、
  松竹他)

1月27日
 古文書に学ぶ隆景公(12)
          …12名参加

2月05日
 2月度理事会
  (年間行事スケジュール、
         春のハイキング他)

2月14日
  春のハイキングコース 下見
  (西村、正田哲)

2月14日
 桜山山頂部と北の曲輪草刈整備
 (フォレストサポートクラブ新居氏
  外3名、 高如大原、鈴木)




< 編 集 後 記 >

★今年の神明さんには、東町のとんどが2〜3年ぶりに復活し小粒ながら神明本殿脇に堂々と立っていた。

 小学生や幼稚園児による張り子だるま行列も定着したらしく、元気な掛け声が立ち並ぶ露店沿に響き渡り、行き交う人々の心を和ませていた

★全国の稲荷神社で催される初午祭事、港町一丁目の御作事通りでも民家の敷地内に鎮座した社があり、地元の奉賛会が祭りを継承し、町内の守り神として崇め、団結力を高める大事なシンボルになっているように思えた

★トレーニング方法や戦略に日本ならではの工夫が見られる冬の平昌オリンピックではこれまで以上に日本人が金メダルを獲得し、全体の大活躍が目立っていた

★日本よい国、三原よいとこ、こいつあ〜 春から縁起がよいよい
                  (健)








前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと