虹の会
                           

活動のようす(2017年11月)

 虹の会では、「お話のろうそく」に火を灯して読み語りを始め、ろうそくを消して、お話会を終わります。虹の会発足から34年間ずっと続けています。第2土曜日(11月11日)の読み語りでは、3人の子ども達が消してくれました。

 来年は、虹の会発足35周年を迎えます。新たなスタートをきるにあたり、一緒に活動してくださる仲間を募集しています。経験はないけれど、子ども達に絵本を読んでみたいと思われる方、大歓迎です!また、すでに読み語りをされている方、虹の会でも活動してみませんか?

お問い合わせは、
・三原市社会福祉協議会
 0848-67-9339
・虹の会のメールアドレス        nijinokai1983@yahoo.co.jp
 に、お気軽にどうぞ!

直接、活動の様子(三原市立中央図書館 0848-62-3225)を見に来られても大歓迎です。


今月の絵本

11月11日(土)の読み語りで読んだ絵本

『さわさわもみじ』
  ひがしなおこ・さく 
  きうちたつろう・え くもん出版
『おたからパン』
  真珠まりこ ひさかたチャイルド
『うえきばちです』
  川端誠 BL出版
『ふみばあちゃんのほしがき』
  浜田桂子 福音館書店
『ふろしきばあちゃん』
  水上みのり 作 森田知都子 協力
  福音館書店


11月10日は、例会でした。三原市立中央図書館2階視聴覚室で、10時から行っています。
『うえきばちです』を読みました。植木鉢から、目(芽)が出て、歯(葉)が出て、鼻(花)が咲いたので、子ども達は大笑いしていました。
『ふろしきばあちゃん』を読んだ後、実際に風呂敷を広げて見てもらいました。
第3金曜日(11月17日)は、「0歳からのよみかたり」でした。最初に、まど・みちおさんの「うさぎ」の詩をみんなで歌い、その後、“うさぎ”のところに子どもさんの名前を入れて楽しみました。
『あーそーぼー』(やぎゅうまちこ さく 福音館書店)を読みました。その後、「〇〇ちゃん あーそーぼー」「はーい」と、ひとりひとりの名前を呼び合いました。
今月のわらべうた遊び

手ってのねずみ
手ってのねずみ、はしかいねずみ、麦食って、わら食って、米食って、こちょこちょ〜

手に変えて、足でもやってみました。

読み語りが終わると、カードにシールを貼ります。「今日は来てくれてありがとう。来月もぜひ来てね。」の思いを込めて!
第4土曜日(11月25日)は読み語りでした。来て下さった方の中に、「今日は、読み語りを楽しみにしていました。」と言ってくださった方がいて、とても嬉しかったです。
『どんぐりずもう』(いしだえつこ さく 飯野和好 え 福音館書店)を読みました。行司の威勢のいいかけ声とともに、さまざまなどんぐり達が出て来て、相撲を取り合う楽しいお話です。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと